失敗しない注文住宅の土地探しのノウハウ

土地探しも重要!暮らしやすい環境の土地を選ぼう

注文住宅は自分たちのこだわりのデザインや設備の希望をそのまま反映されるところが大きな魅力です。そんな理想のマイホームを建てるときは、一生の棲家として住み続けたいと決めている人も多いでしょう。時間をかけて家造りの計画を練って業者との話し合いも念入りにし、希望通りの家が完成したら嬉しい気持ちでいっぱいになりますよね。しかし、どれだけ素敵な家が出来上がっても、土地の条件が悪いと暮らしに影響が出てくることがあります。住んでみたら、日当たりが悪い…周囲の騒音で眠れない…などのトラブルがあれば、失敗したとガッツリすることもあるでしょう。ですから、家造りにかける時間と同様に、土地選びにも同じくらい時間をかけてよく下調べをする必要があります。

隣家との距離も事前に調査する!

土地を探すときは、隣家との距離をチェックすることも大事なポイントです。一戸建ては2階建てが多いですが、その場合、南側の家との距離によって日当たりの良い悪いに影響することがあります。あまりに距離が近いと1階の部屋の日の当たる時間が限られることもあるため注意が必要です。注文住宅を建てる土地を探すとき、まだ家はこれから造るため空っぽの状態です。難しいかもしれませんが、ここに家が建つことをイメージして、隣家との関係性も確認しておきましょう。南側の家と5メートル前後離れている場合、1階に日が当たるのは夏の間だけになることもあります。10メートル以上離れていれば、年間を通してよく日が当たるようになるでしょう。