業者の経営姿勢や業績を知り、依頼先をしぼる

業者の経営姿勢を確認する方法

一大決心して注文住宅で家を建てるとなれば、失敗したくはないですよね。そのためには、優良業者を見極める必要があります。まずは業者の経営姿勢を確認しましょう。例えば、営業担当者の話に注意してみて下さい。自社の技術やセールスポイントばかり話していませんか。営業担当者がこのような話をしている業者は、自分たちの目線でしか考えていない可能性が高いです。優良業者というのは、顧客が家に求めているものは何なのかしっかりと耳を傾けてくれる会社になります。自社の話ばかりせず、こちらの話も聞いてくれているか確かめるようにしましょう。また顧客の希望のデザインなどに対して、デメリットがあれば教えてくれるかどうかも重要です。

業者の業績を確認する方法

優良業者を見つけるには、業績を知ることも大切になります。注文住宅の年間施工数を、ホームページに掲載している業者もありますので参考にして下さい。この時に、実際の施工数であるかどうかよく注意しましょう。業者によっては受注数を掲載している場合もあり、その場合は注文住宅だけではなくリフォームの案件も含まれていたりします。一般的に施工数が多いほど経営状況が良いとされており、建築中や建築後の倒産の心配がありません。注文住宅の優良業者を見つけるためには、実際の注文住宅の施工数を確認するようにしましょう。また地域密着型の業者で業歴が長い場合、顧客の紹介を受けて施工に至る案件を繰り返して、その地域に根付いていることが多いです。建設してもらった家に満足していなければ紹介はしませんので、優良業者の可能性が高くなります。以上のようなことを踏まえ、依頼先を絞るようにしましょう。

新築一戸建てとは、まだ誰も住んでいない新しく建てられた一軒家のことです。土地を購入して一から自分好みに建てた家も、既に建てられた新しくてまだ誰も住んでいない一軒家も新築の一戸建てに当てはまります。